屋根カバー工法における失敗を避ける!リフォームで知っておくべきポイントを紹介

query_builder 2024/02/05
ブログ
屋根カバー工法における失敗を避ける!リフォームで知っておくべきポイントを紹介


屋根リフォームは家の快適性と安全性を左右するために大切です。
特に屋根カバー工法は、その利便性から人気を集めていますが、失敗すると大きな損害を招く可能性もあります。
この記事では、屋根カバー工法における失敗例と、これを防ぐための知識をご紹介します。



□屋根リフォームでよくある失敗とその原因


屋根カバー工法は、既存の屋根に新しい屋根材を重ねる方法です。
これにより、コスト削減や工事期間の短縮が可能ですが、トラブルが発生することもあります。
以下に代表的な失敗例を3つ挙げます。



*はがれや雨漏りの発生


最も一般的な問題は、新しい屋根材のはがれや雨漏りです。
これらの問題の多くは、施工の不備や野地板の状態不良に起因しています。
たとえば、野地板が傷んでいる状態でカバー工法を行うと、新しい屋根材の固定が不十分になり、はがれや雨漏りを招いてしまうのです。



*強風地域でのトラブル


また、強風地域では、屋根材が飛ばされるリスクが高まります。
そのため、釘ではなくビスで固定することが推奨される場合があります。
これは、ビスの方が釘に比べて固定力が高いためです。



*低勾配の屋根への不適切な施工

3036644_s


低勾配の屋根に屋根カバー工法を行う場合、雨漏りのリスクが高まります。
横葺き金属屋根は、一定以上の勾配が必要ですが、これを無視して施工すると失敗につながることがあります。



□屋根カバー工法の落とし穴と対策法


屋根カバー工法は多くのメリットがありますが、性質的にいくつかのデメリットも存在します。
これらを理解し、適切な対策を取ることが重要です。
以下に3つに分けてご紹介します。



1:重量増加による耐震性の低下


カバー工法では屋根の重量が増加するため、建物の耐震性に影響を与える可能性があります。



2:下地材のメンテナンス不可


カバー工法では、野地板の下地材に直接さわれないため、メンテナンスが困難です。
雨漏りによる野地板の損傷がある場合は、葺き替えを検討する必要もあります。



3:屋根材の選択制限


カバー工法は既存の屋根材に依存するため、すべての屋根材に適用可能ではありません。
施工前には、適切な屋根材を選択することが重要です。



□まとめ


この記事では屋根カバー工法における失敗を避けるためのポイントをご紹介しました。
屋根リフォームは、家全体の安全性と快適性に大きく影響します。
屋根カバー工法は多くのメリットがありますが、失敗すると重大な損害を招くこともあるのです。

当社では、屋根リフォームに関する豊富な知識と経験を持ち、お客様の住環境に合わせた最適な提案を行います。
屋根のリフォームでお悩みの方はぜひ当社にご相談ください。



NEW

  • 屋根工事を行うなら足場の用意を!屋根材別の勾配の目安もご紹介

    query_builder 2024/02/28
  • 【銅板の経年変化は?】

    query_builder 2024/02/07
  • 立平葺きの施工方法の魅力とは?美しさと機能性を兼ね備えた屋根づくりに

    query_builder 2024/02/25
  • 屋根修繕のタイミングとコスト削減のコツ!材質別に解説します!

    query_builder 2024/02/21
  • 屋根リフォームの種類とタイミングとは?安心できる屋根の選び方について解説

    query_builder 2024/02/17

CATEGORY

ARCHIVE