屋根の修理をカバー工法で行うメリットって?補修できないケースも忘れずに!

query_builder 2024/04/09
ブログ
屋根の修理をカバー工法で行うメリットって?補修できないケースも忘れずに!


マイホームをお持ちの方にとって、定期的に必要とされる屋根の修理やメンテナンスは重要な課題の1つです。

そこで、今回の記事では、屋根の補修方法としてカバー工法に焦点を当て、そのメリットと適用できないケースについてご紹介します。




□屋根をカバー工法で修理するメリット


屋根カバー工法は、多くの方にとって魅力的なリフォーム手法です。
ここでは、屋根をカバー工法で補修することで得られる主なメリットについて解説します。




1:断熱性・遮音性・防水性の向上


カバー工法では、断熱材を取り入れた屋根材を使用することで、断熱性能が向上します。
通気層の形成により、特に夏の暑さ対策に効果があることに加え、ルーフィング(防水紙)の使用は防水性を高め、雨音の軽減にも寄与します。



2:コスト削減


カバー工法の最大のメリットといえる点は、葺き替え工事に比べて安価に補修できることです。
使用される金属屋根材は長持ちし、屋根塗装に比べてライフサイクルコストが低くなる傾向にあります。



3:工期の短縮


カバー工法では、既存の屋根を撤去する必要がないため、工期を大幅に短縮できます。
実働7日前後で施工可能な場合が多く、補修にあまり時間をさけない方の負担軽減につながります。



4:騒音やホコリのトラブル低減


カバー工法では、撤去作業に伴うホコリや騒音が発生しないため、工事中のトラブルが少なくなります。



5:アスベスト対応


2004年以前に建設された物件の中でも、スレート系屋根材が使われている場合に注意が必要なアスベストも、カバー工法では安全にカバーできます。




24287572_s

□屋根の修理にカバー工法を選べないケース


屋根カバー工法は便利で多くのメリットを提供する一方で、すべての屋根に適用可能なわけではありません。
ここでは、カバー工法が推奨されない、もしくは選べないケースをいくつか解説します。



*雨漏りを起こしたことがある


屋根からの雨漏り経験がある家は、屋根下地や建物の躯体にすでにダメージが存在する可能性が高いです。
カバー工法ではこれらの問題を解決できず、内部での腐食進行を見逃す恐れがあります。
そのため、雨漏り歴がある場合はカバー工法の適用はおすすめできません。




*過去にカバー工法を実施済み


すでに1度カバー工法を施した屋根に再度この方法を適用することは、屋根の重量が増加し、建物全体にかかる負荷が大きくなるため、耐震性への悪影響が懸念されます。
カバー工法は1度限りの施工と考えておきましょう。



*瓦屋根を使っている


瓦の凹凸や重量が問題となり、施工が難しくなるだけでなく、耐震性にも影響を及ぼす可能性があるため、瓦屋根の上にカバー工法を施すことは困難です。
瓦屋根を持つ家では、他のリフォーム方法を検討することをおすすめします。



□まとめ


屋根カバー工法は、断熱性・遮音性・防水性の向上、コスト削減・工期短縮、そして騒音やホコリのトラブル低減など、多くのメリットを提供します。

しかし、過去に雨漏り経験がある・すでにカバー工法をしたことがある・瓦屋根を使っている場合など、カバー工法を適用できない状況もあることを忘れてはいけません。
今回ご紹介した内容を基に、適切な屋根の修理を検討していただければ幸いです。



NEW

  • ガルバリウム鋼板の屋根は横葺きがおすすめ?縦葺きとの違いやメリットを解説!

    query_builder 2024/05/27
  • 折板屋根ってどんな屋根のこと?特徴とメリットと雨樋について

    query_builder 2024/05/22
  • 屋根材には断熱性能がある方が良いの?屋根断熱の特徴とメリットとデメリット

    query_builder 2024/05/18
  • 屋根材にアスファルトシングルを選ぶと何が良い?その特徴やメリットを解説します!

    query_builder 2024/05/14
  • 屋根の性能は種類によって変わる!葺き屋根の種類と選び方について

    query_builder 2024/05/10

CATEGORY

ARCHIVE